1971年

「各駅倉庫」>「札幌市交通局_1971年」の資料リスト
改正日等 資料内容等 サイズ
1971-01-04 【停車停留所追加】[22]米里線急行
 厚別新川橋
1971-05-01 S46-05-01改正 旭ヶ丘方面時刻表 697KB
1971-05-05 【路線延長】[12]札苗線
 豊畑〜(豊畑中央)〜(豊畑神社前)〜(豊畑東)
1971-11-11 ■「創成川幹線」(北34条以南)の開通に伴い,[2]鉄北線・[23]新川線・[33]幌北線・[34]北18条環状線について経路・停留所位置を一部変更
●国道5号線の石狩陸橋〜北34条東1丁目〜手稲宮の沢間は1971-11-11開通(同日北34条以南の東1丁目通が南行一方通行に変更)。なお「創成川沿道路」の全面開通(1985-12-12正午)・東1丁目通の対面交通化に伴う経路変更は1985-12-13
1971-12-16 ■地下鉄南北線開業に伴う改正。地下鉄駅に連絡する系統,経路の変更,系統の統廃合,路線の延長短縮等については,1971-12-16始発から次の通り実施。なお下記以外の路線については,現行どおり運行。
【鉄北・北光・元町・苗穂方面】
[2]鉄北線
●北栄中学前発札幌駅「北口経由」の便は全便北口どまりとなる
●HBC送信所入口,北42東1,北光営業所前発の「東1丁目経由」バスセンター行は従来どおりの経路で運行
●北18条環状線は廃止し,美香保公園前〜北保健所前〜東1丁目通〜バスセンター間の路線を新設
[17]北光線
●栄中学校前発の便は,北42東8から北24条通経由で北24条駅どまりとなる
●北42東8発の便は従来どおりの経路で運行
●元町小学校発の便は,北26条通〜西4丁目通〜北24条駅どまりの便と,※従来どおりの経路でバスセンターまでの便とになる
●HBC送信所入口,美香保公園通発の便は,全便東8丁目通アンダーパス〜北3条通経由でバスセンターまで運行
●北26東1発の便は北24条駅発となり,北26条通〜東8丁目通アンダーパス〜北3条通経由でバスセンターまで運行
●北24条駅発で,北24条通〜東8丁目通アンダーパス〜北3条通〜バスセンターまでの便を新設
[27]篠路線 → [53]北41条線を廃止
●篠路駅前〜北26東8〜北26条通〜西4丁目通〜北24条駅どまりとなる
●従来どおりの経路でバスセンターまでの便も運行
[11]東16丁目線
●北38東16〜元町出張所前〜北12条通〜北12条駅経由〜札幌駅北口どまりとなる
●従来どおりの経路でバスセンターまでの便も運行
[32]北18条線
●元町団地〜北18西3〜北18条駅経由〜北24条駅までの便と,一部ワンマンカーで通し系統として[23]新川線と[33]幌北線と結んで運行
●従来どおりの経路でバスセンターまでの便も運行
[3]苗穂線
●東栄町発,札幌小学校前経由の便の一部から北8条通〜札幌駅北口どまりの便を新設
●東栄町発,札幌小学校前経由の便の一部と東栄中学校経由の全便は,北8東7からアンダーパス〜大通〜バスセンターの経路に変更(札幌中学〜バスセンター間の便も同様)
【屯田・新琴似・新川方面】
[51]屯田線
●全便マイクロバスで,麻生町から西5丁目通を経由して北24条駅まで延長
[52]新琴似中央線
●全便マイクロバスで,和光小学校前から新川横1号線経由で北29西11から幌北線を経て北24条駅まで延長
[33]幌北線
●北24条駅どまりの便と,[32]北18条線と結んで北18条駅経由で元町団地までの便を新設
●北29西8発の便は北24条駅どまりとなる
●※従来どおりの経路(北29西8発の便は除く)でバスセンターまでの便も運行
[23]新川線 → [41]西札幌線と統合
●北24条駅どまりの便と,[32]北18条線と結んで北18条駅経由で元町団地までの便を新設
●※従来どおりの経路でバスセンターまでの便も運行
●[41]西札幌線と統合し新川団地まで延長
[民営バス路線](北海道中央バス)
●新琴似線(北24条経由)・6番西線・屯田線・丘珠線に関する内容は「各駅倉庫>北海道中央バス(等)>1971年」で記載。
【真駒内・中の島方面】
[15]真駒内線
●団地内(南町,泉町)発の便は途中真駒内駅を経由
●従来の真駒内〜バスセンター,札幌駅前間の他に,真駒内〜国道230号線〜西11丁目通アンダーパス経由〜札幌駅北口までの便を新設
●南6条経由の便は[8]藻岩線として運行
[18]中の島線
●中の島線の一部は中の島駅どまりとなるが,従来どおりの経路でバスセンターまでの便も運行
●[13]豊平線の平岸農協発の系統を廃止するため,代替として水車通り〜北海高校裏〜南7条橋〜札幌駅前間の経路で運行
●藻南橋発,中の島経由便は従来通り運行
[民営バス路線](定鉄バス)
●真駒内西線に関する内容は「各駅倉庫>じょうてつ(旧:定山渓鉄道)」で記載
【藻岩・藻岩山手方面】
[8]藻岩線
●硬石山発の便の一部は五輪大橋経由で真駒内駅に短絡
●バスセンター,札幌駅前行の途中経路をすすきの駅経由に変更
[46]北の沢線・[47]南の沢線・[48]藻岩山手線
●藻岩3線は川沿町(旧道)経由で真駒内駅に短絡
●南の沢線の一部は国道230号線〜五輪大橋経由で真駒内駅に短絡
[31]藻岩観光線 → 廃止
【啓明・界川方面】
[35]界川線 → [30]ロープウェー線に改称
●旭ヶ丘高校前より新道経由でロープウェー前まで延長し,札幌駅前〜旭ヶ丘高校〜ロープウェー前間に変更
[25]南11条線
●札幌駅前起点をバスセンター起点に変更
[37]西20丁目線 → [37]西25丁目線に改称
●ロープウェー入口〜旭ヶ丘下〜西25丁目通〜市電琴似街道(大通西24)〜長生園前(西20)〜北5西20〜札幌駅前〜バスセンター間に変更
【琴似・西野・山の手方面】
[9]琴似線
●八軒中学校経由の琴似工業高校前終点を鉄工団地まで延長
[10]西野線
●西野ターミナル終点から右股橋まで朝・夕ラッシュのみ延長
[28]山の手線
●西野ターミナルから香蘭高校前〜琴似本通〜琴似本町間の路線を新設
[36]桑園中央線
●琴似駅前経由の新川通間の他に,朝・夕ラッシュのみ琴似二十四軒から八軒通〜南新川〜新川通の便を新設
【厚別・札苗方面】
[21]厚別線
●バスセンターから青葉町2丁目経由〜もみじ台団地まで延長
●バスセンターから柏山経由〜流通センター〜新札幌駅まで朝・夕ラッシュのみ延長
[12]札苗線
●福移小学校終点から中福移まで650m延長
【その他】
[19]南9条環状線 → [19]南環状線に改称
●南7条橋経由とし,バスセンター〜南7条橋〜豊平5条3〜中白石〜東橋〜バスセンター間(交互)に変更